鳩になりたい 2nd

鳩になりたい 2nd

 

この星をなめるなよ!



ジュウオウジャーが終わりました。…終わっちゃいました。

うーん…毎週楽しみにしてたから終わっちゃって寂しい(´Д⊂グスン

この1年間久々に毎週すごく楽しく見れました。
最近の戦隊シリーズでは一番好きだったかもしれない。

『繋がり』というテーマで一貫して話が書かれていたのもよかった。
王道な部分を王道としてしっかり熱く見せてくれるのは、見ていて凄く燃えました。


ただ、中盤のバングレイ、みっちゃんの話がややダレてたのが難点かなー。

バングレイは敵として魅力的だったと思うし、能力的にも(予算の問題的にも)オイシイ敵だったとは思うのだけれど、ちょっと長く出過ぎた感じがします。
後半の詰め込み過ぎ感があっただけに尚更。

みっちゃんはどうしても、見ていて鬱陶しくなる時間が長過ぎた感じはありますね。
ただ、クバルやジニスとの対比を考えるとみっちゃんのポジションは物語を引き立てるのにとても重要な立ち位置で、それを踏まえてみっちゃんのキャラを掘り下げてたとは思うので、難しいところなんですが。

実際、その辺の対比はとてもよく出来ていたと思うんですよね。
特にみっちゃんは描写が多い分作中一番成長したキャラクターだったと思うし、魅力的なキャラクターだったとも思うので。


最終回はどうしても全体的な尺の足りなさと駆け足感が強かったですが、良い最終回だったと思います。

ジニスの正体には驚かされたし、大和の野生大解放も盛り上がった。
最後が大和無双過ぎた感はあるけれど、尺の問題もあっただろうし、クバル戦でみっちゃん、アザルド戦でジューマン4人が活躍したのを思うと、まあバランスは取れてるのかなと。

ロボ戦は正直いらなかったかなー。
地球パワーを失ってサジタリアークも失って明らかに弱体化してたのもあるし、なにより尺も足りなかったのだろうけど、流石にアッサリし過ぎだったのでちょっと残念な印象が出てしまった。

ただまあ、ジニスの正体バレに関しては最終回にやるからこそだったと思うし、そうなると結局尺は絶対に足りないわけで、仕方ないかなーとも思ったり。
最終回1時間スペシャルとかだったら物足りない部分見れたんだろうけど、こればっかりはねw


ラストの融合エンドは賛否両論あると思うけれど、個人的にはアリだと思ってます。

少なからず色々経験して、特に昨今の情勢なんかを見ている大人からすると、これから起こるであろう問題点や不安やらの負のイメージばかりがどうしても湧いてくるけれど、この星の命はみんなどこかで繋がっている、だからこれから大変なことも多いだろうけれど、みんなで力を合わせて世界を良くしていこう、という希望に満ちたエンディングだったと思うのです。
それは綺麗な世界の物語かもしれないけれど、とても大切な子供たちへのメッセージだと思うのです。

ただめでたしめでたしではないけれど、希望を持って未来に続いていくという終わり方は、個人的に好きでした。

まあ勿論、お別れエンドだと思っていたし、それが楽しみであったというのも事実ではありますが。

でもそもそも別に、お別れしたとしても冷静に考えるとそんなに大したお別れじゃないというか、本人たちも毎日遊びに来るつもりだったとか言っちゃってるくらいのあれなんですよね。
実際話の中でも世界の繋がりを切らないことを選んでるわけで、そういうことを考えると、ジュウオウの終わりはあれでよかったんじゃないかな、と思います。



さて、来週からはキュウレンジャーが始まります。
最初から9人ってのは多くねーか?とは思いますが、どうなるんでしょうかね。

今年もまた1年楽しく特オタできるといいな。


スポンサーサイト
 
 

忍んでろ



ニンニンジャーが終わりましたね…。
いや…申し訳ないのだけれど、ようやく終わってくれましたね、という気持ちの方が強いです…。

正直、今回ばかりはちょっといい点を探すのが難し過ぎた…。
不評なゲキもゴーバスも個人的には凄く好きだし、ゴセイは…正直そんなに好きではないけれど、それでも一年見てトータルで楽しめたなとは思えた。

でも、ニンニンはダメだ…。
今まで見た中で一番アカン…。

ここまで楽しめなかった戦隊は初めてでした…。


思えば去年の今頃、初回のニンニンジャーでの余りの演技の下手っぷりに驚愕したものですが…それでも当時は、一年やれば上手くなるだろうと思ったものです。
確かに例年より飛び抜けて下手なのが複数名という惨状ではありましたが、それでも…と。

そして一年後…コイツら成長率低過ぎる…(;^ω^)

桃と金は頑張ってたと思います。
少なくとも、ニンニンでさえなければここまでの評価にはならなかったんじゃないかと…。

特に金はキャラも詰め込み過ぎでブレブレで見てる側も全く掴めないようなキャラを頑張って演じてたと…。


白はとにかくダンスだけでしたね…。
EDのダンスが評価高いお陰でそこまで悪印象もなく。
現実は、本編で然程印象に残らないせいでそこしか見どころないせいなんですが。
実際に戦闘でもいてもいなくても変わらないという立ち位置でしたし。ただうるさいだけ的な。


黄に至っては、ほんまコイツ最初から最後までいらんかったな、と。

初のメイン回では特徴の資格マニアを捨てた挙句、見せ場は赤に全部持っていかれると散々だったわけですが、その後も特筆した見せ場はなく終始空気。
最終的にはラスト御膳立て忍者とかわけのわからないものを目標にして終了。

演技も最初から最後まで上手くはなかったとは思うのだけれど、結局それを最初から最後まで感じさせることがないほどに空気だったのだから逆に凄い。
空気気味のキャラというのは戦隊の人数だと出てしまうことはままあると思うのだけれど、このレベルの空気キャラはちょっと他に思い浮かばない。

コイツ初回からいるメインキャラやぞ?
どういうことやねん…。


青も演技は相当酷かったですね。
赤とのツートップで二人ともよく喋るから序盤は本当に悲惨だった。
EDのダンスが下手なのも相まって、正直やる気ねーんじゃねーかコイツという感じで印象は最悪でした。
それでもラストの素面名乗りでバック宙をキメたのは頑張ってたってことなんでしょうね。


赤はほんっとうに酷い。
滑舌が悪い上に演技も下手でどうしようもない。
確かに一年前よりは上手くなったのだろうけれど、これでも例年の初回レベルになるかどうか…。

アクションが出来るわけでもないし、他で顔を出してもぼろぼろ…。いい話が出てこないレベル。
人見知りだそうですし、まあ、それに関しては私もそんな言えんけどね…でも…うん…。
それこそ、やる気がねーんだろうなあ…。

まあこれでよく最後までやれたとは思いますが…。
…うん…最後までよくやれたね…。



そして、なにより酷いのが脚本。
演技が酷いのは勿論なのだけれど、それ以前に脚本が悪い。

金なんかは確実に脚本の被害の方が大きいでしょ…。

なんでもありでどんどん取り入れていくのはいいのだけれど、それが全然纏められていないし、本当にやりたいことだけやってとっちらけて楽しいねハイおしまい!って感じなのよね。

…すまん…この人、本当にプロなの…?

お陰でキャラの掘り下げもないから登場人物全員が凄く薄っぺらい。
金なんかは明るいキャラクターにシリアス要素を盛り込まれていても、それが全部記号的で見てる側も全然キャラクターが伝わってこないし、演じてる側もそれはかなり苦労したんじゃないかと…。

そして最終回の狐が爺さんに憧れているという設定もね、本当に設定なんですよね。
そうだったんだと思わせるドラマが一つもないから、唐突だし凄まじく薄っぺらい。

話だけ聞けばいい話に見えるんですけどね。
如何せん、それを裏付ける段階を一切踏んでないので見ていても伝わってこないんですよ。


キャラの掘り下げが足りないのはメイン6人は勿論、敵も爺さんも父親も全員そう。

親子三人共闘も普通なら熱い展開だけれど、ただ並べて戦わせたかっただけなんだなという感じだし、敵幹部も全員見事に雑魚怪人の如く使い潰されましたよね。
雷蔵とか何の為に生き返ったの?

ほんっとうに全員が全員見せ場の薄い魅力がない敵で終わってしまった。
もっと色々ドラマを作る余地があったはずなのに、そういうのが一切なかった。

挙句の果てには、ラスボスの幻月はクソ雑魚であっさり倒されるという。

尺の問題はあるだろうけれど、そもそもどうでもいいネタ回ばかりでお茶を濁してキャラの掘り下げもせず、最後は最後で駆け足ではどういう配分でストーリー展開してたんだとツッコミも入れたくなるもの。

爺さんも(ニンニンジャーから見ても九衛門から見ても)憧れの対象というもののそういう魅力が書けてなかったし、ことあるごとに天晴がモエテキターとかアツイナコレとかいうものの、その熱さが全然描けてないんですよね。伝わってこない。

言葉に出せば憧れていたり、熱い展開になるのかと。

天晴が終始凄い凄いと言われていたけれど、これも結局最後まで全然凄さを描けてませんでしたよね。
登場人物全員が天晴を凄いと言うけれど、見ている側にはどこが凄いのか一切伝わってこない、これが最初からずっと変わらなかった。

本当に言葉だけでそういうものだと押し付けてくるストーリー。
設定集でも書いてたらいいんじゃないの。



ちょっとあまりに酷過ぎて書ききれないんだけれど、ここまで酷いのは初めてだったので流石にね?

何度かニンニンつまんねえと書き殴ろうかと思ったこともあったのだけれど、それでも最後まで見れば変わるかと記事にはしなかったんですが、もう最後だからね。
流石に秋頃には諦めてはいましたけども…本当にここまで酷いとなあ…。

良いとこ探して楽しむのにも限界ってあるのよ?

子供が戦隊ヒーロー好きで見てる期間なんてそう長くはないだろうに、ニンニンと被った子かわいそ過ぎだろ…。



…さて、来週からはジュウオウジャーが始まるようです。

こういう言い方をしてしまうのもアレですが、ぶっちゃけニンニン以下になんて本当にどうしようもないメンツが揃わないとなり得ないと思うし大丈夫だとは思いますが、今年こそは楽しい日曜日を過ごしたいものです。

この一年が本当に残念だっただけに期待しているし、非常に楽しみ。


…ニンニンはもう一生忍んでて。


 
 

終着駅



本日トッキュウジャーが最終回を迎えました。
最終回近辺で少しゴタゴタもありましたが(大体テレ朝が悪い)無事最終回が放送されて良かったです。

最終回近辺からの盛り上がりが半端なくて、泣きそうになりながら見てました;w;


見逃したりした回もちょっとあったんですが、今回の戦隊は特に敵幹部が全員魅力的でとても良かったです。
全員が全員半端なくキャラ立ちしていて、敵側のドラマが一々面白かった。

中盤辺りまでトッキュウ側のキャラが若干薄かったのもあって、割と敵側の濃密さに惹かれて見てた節すらあります。


まあでも、やっぱり明が一番おいしい良いキャラだったと思いますけどねw
元シャドーの怪人ザラムだったけれど、裏切ってレインボー側に付きトッキュウ6号になる、と設定からしてオイシイ。

ギャグ要因としても毎度笑わせてもらったし、いつも死に場所を探しているというキャラが、最終回で「生きる場所だ」になったのはベタだけれどウルッときました。
そして、最後は決めポーズでしっかり笑わせに来る辺り最高っすw
予告でも見たけど、あんなん絶対笑うわwww


階段に並べた灯篭の明かりを線路に見立て、闇を打ち破るシーンもとても良かったですね。
家族の思いが闇の中でキラキラになって闇を払う。
イマジネーションという今作のテーマをうまく使っていてとても印象的でした。

敵側も、ネロ男爵とモルク侯爵がゼットの為に身を犠牲にして力を与えようとして…。
それに対してのゼットの「よせ、てめえら。この期に及んでキラキラすんじゃねぇ」がまた堪らない。

最後のグリッタの登場も含め、本当に最後まで魅力的な敵でした。


そして、もう子供には戻れないというトッキュウジャーの元に家族が駆け寄るシーンがもう…。
私もまあ、割と年齢的に親側の視点に近いことになってきていて、そういうのも踏まえてどうにも涙腺がね…w

大人の姿になっても、自分の子供のことをわかってくれる家族の存在。
そして、子供の姿に戻る5人。

それはあかん…。ホント泣いちゃうって…。

なんかもうね、こういうのに本当に弱くなっちゃってね…。
親子モノはホント泣くから。いい大人が涙腺ウルウルさせまくるから。

勘弁してくださいよすっげー良かったです。


ラストは子供バージョンと大人バージョンのハイタッチで終了。

少し詰め込み過ぎかな?と感じる面はあったし、もう1話かけて見たかったとも思ったけれど、その分とても濃密な30分でした。

素晴らしい最終回だったと思います。


この1年間とても楽しませてもらいました。

最初はちょっとうーん?と思うところも正直あったのだけれど、当初から魅力的だった敵組織側の人間関係や良質なデザイン。
明というキャラクターの登場。ストーリーの構成にとどんどん引き込まれる点が多くて、最後まで面白く見ることが出来ました。

トッキュウジャーありがとう!



さて、来週からはニンニンジャーが始まります。

毎年この時期はどうにも余韻で複雑な心境なのですが…w
でも、次も楽しめる戦隊だといいなあ!ってことで期待してます!

忍者は男の子みんな大好きですからね!僕も大好き!


はい。そういうわけで、来週を楽しみに、また一週間頑張りましょう。

では、今日はこれで。また( 。・ω・)ノシ


 
 

ドライブ



ドライブ結構面白そうじゃね?

初回だしまだわからんけど、今日見た限りだとわりと好印象なんだけど。
初めからいきなり展開重たいなー、とは思ったけど、結構面白かった。

スーツに付いてるタイヤの微妙なダサカッコよさもわりとすぐ慣れそうだし、現時点で普通にわりとカッコ良い方のデザインだと思うし。
まあ、フォーゼの頭とかいきなりオレンジと激突するのに比べたらインパクトはなかったけれどw


ただ、ちょっと地味めな印象も感じたけどねー。
主人公の見た目と戦闘もかなあ。

主人公はトラウマ持ちなのを冒頭から押し出してる割に、変に軽いところがあってイマイチ掴めない。
若干棒なとこがあったのは…これから上手くなるもんやろ、ってことで。

戦闘は…地味にエグい攻撃が目についたかな…w
最後のキックはまあまだ…見た目的に派手だしいいんだけれど、トゲタイヤいらなくね?w
あと紫のもなんかすっげー地味で存在感が薄かった。
まだ見せただけなんだろうけれど、火炎竜巻がカッコ良かっただけにちょっと物足りない気持ち。

重加速の設定もイマイチ分かり難いかなあ。
人間だけなのか他の物質もなのか、演出的にわかり難かった。
…深く考えちゃいけない部分なら別にそれでもいいんだけどさ…w


まーまだ初回ですし、イマイチ判断のしようがない部分が多いのは仕方ない。

ただ、来週も見たいなー、とは思ったんで、今後に期待ですかね。

…あと、ヒロインの子がなんかエロい。
アイムのコスプレ回でも思ったけど、婦警さんってエロイな!

…^^;;;


あ、ワールドトリガー?は見損ねました。
普通に寝てた。

トッキュウジャーの前に目が覚めたんで別にいいんですが、テレビ付けてクルクルパーがやってるのを見たら、やっぱり時間入れ替えてほしいなあ…って思いました。
アイギスのカリスマ消化してなかったら寝落ちするところやったで。まったく…。


七つの大罪は見たけれど、アイギスやりながら見てたらあんまり内容頭に入ってきませんでした>。<;

とりあえず、おっ○い揉みまくってたのだけは覚えてる。

…これはエロアニメやな!(確信)

マギの乳首ピアスといいこの時間帯になかなかやりおる…。



とりあえず、ドライブの今後に期待ですね。
普通に楽しみや。

んじゃ寝る( 。・ω・)ノシ


 
 

コスプレやめーや



鎧武終わっちゃいましたね。

先週で殆ど終わってエピローグ的な部分も多少やってたんで今週なにすんだろ、と思ってましたが、あの…今日の話って必要ですかね…。
すげー蛇足感があるんだが…。

展開的にも脇役の方が熱く、なのにあっさり負けるんだよなあ…。わかっちゃいたけどさ…。
せめてグリドンかミッチに1体倒させてほしかった…。
二人共それなりに熱い展開だっただけに、紘汰さんがおいしいとこ全部持ってくのがなんかなあ…。
あと、コスプレで笑う。

まあでも、終わり方としては纏まってたとは思います。
今までだと残り数話なのに消化してない要素あり過ぎて、それ話数足りるの!?って感じだったのが、今作は蛇足に感じるレベルに余裕あったし、その辺はまあ、ね。

なんだかんだ言って、1年通して見てそれなりに楽しめました。
主にツッコミ的な意味で。

ミッチの闇落ちから壊れていくまでを凄くじっくり描写してたのが一番印象深いかな…w

来季のライダーも楽しく見れるといーね。


あとはなー、松太郎とかも最終回だったね!
8割型見てないので特に感想もアレなんだけど、打ち切りバッドエンド過ぎて…は?ってなったw
あれ終わり方としてどうなの?www


新番組のクルクルなんちゃらは1週目にして視聴切り安定そうでした!
これ1年放送するとか冗談キツ過ぎ。冗談はヒロインの顔だけにしろよ。

まあ、必修化やらでダンス推しとかもあるだろうし、子供向けだから、大人が見てつまらないのも仕方ないと思うから別にいいんだけどさ。

一つだけ言うなら、松太郎の後番組と枠交換してくれませんか、と…。
あっちもどんなか知らんけど少し見てみたい気はするかなー。
それなら30分余分に寝られるんだけど。

クルクルパーの間に寝落ちしてヒーロータイム見逃す未来が見える…ッ!

…バトスピ帰ってきて?


5時枠は進撃の巨人やってたから見てみたよー。
あんまどういう話か知らないし初めて見たんだけど、これかなりキモいですね…。
なんか、キモさとグロさで直視できないレベル。ホラーかよ。

あれ、青鬼の実況動画思い出した。

面白そうだとは思ったけど、正直、もう見たくはないかな…w

来週は七つの大罪ってのやるらしいです。
よくわかんないのでこっちも見れたら見よう。

日曜はこんな記事ばっかだね!

今日はこれで( 。・ω・)ノシ


 
<-   10 2017  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Author:クローゼット

ゲーム好きな気紛れソリスト。
オンラインゲームRED STONE青鯖にて戦士。
ラテール ルビー鯖にて片手ホーリーセイバーで
活動していました。現在隠居中。
最近は団長業に勤しんでます。

過去ログ
リンク
カウンター
QRコード
QR
 

©2007 L&K Logic Korea Co., Ltd. All Rights Reserved. ©2007 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.
当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームオンに帰属します。 許可無くご利用又は転用する事は出来ませんので、予めご了承下さい。


©2006 Actoz Soft, All right reserved. ©2006 Gamepot Inc, All right reserved.

Archive RSS